会社案内

社長のメッセージ

昭和57年、先代より事業を継承し、早、30年が経ちました。
京野菜の素晴らしさを、もっと多くの方に知っていただきたいという想いで、生産者の方々と協力し、お客さまの開拓にあたって参りました。
おかげさまで、今日では京野菜もブランドとして多くの方に認知されるに至りました。
昨今、食の安全が問題になる世の中ですが、私どもは創業時と変わらず、消費者の皆様の事を一番に考えて参りたいと考えております。

株式会社きむらてつ
代表 木村哲雄

ページの先頭に戻る

概要

商号 株式会社きむらてつ
所在地 〒601-8371 京都府京都市南区吉祥院嶋樫山町60
TEL 075-671-1826
FAX 075-671-1833
代表者 木村哲雄
創業 昭和40年
資本金 10,000,000円
事業内容 青果卸(契約栽培)
主要取引先銀行 京都銀行、京都信用金庫、京都中央信用金庫

ページの先頭に戻る

広域地図

地図

詳細地図

地図

GoogleMapはこちらから  »

ページの先頭に戻る

沿革

昭和40年 木村修(現代表取締役の父)が、京都市南区上鳥羽において、青葱の生産および加工に着手。当初は京都市中央卸売市場の一角において、青果商・料理店等の得意先に対し卸売商として創業する。青葱の需要が年々増加したため、周辺の葱生産者と生産委託契約を結び、供給の安定を確保する。
昭和56年 (株)京都厚生会(現㈱ポロロッカ京都厚生会)との取引開始と同時に、京都中央卸売市場から撤退し「木村商店」の商号で本格的に生産・卸売活動を始める。
昭和57年11月 木村修の死去に伴い、木村哲雄(現代表取締役)が事業を継続し、得意先の開拓・拡充を図り、葱生産者との協力を強化する。
昭和62年 順調に営業成績が伸び、この年に初めて年間売上高2,000万円を達成する。
平成3年3月 法人組織に改組し、資本金200万円で「株式会社きむらてつ」を設立する。
平成5年4月 商法改正を受け、資本金1,000万円に増資し現在に至る。

ページの先頭に戻る